上江別ドッジボールクラブ スーパーダイヤモンズ



かわら版 (取材記事)
image

管理人(春親父)が取材した記事等を掲載しています。

    御覧になりたい月をクリックして下さい。
04.gif(34414 byte)

◆日曜練習◆  2019年7月21日(日)

 今日の体験会には3名の子が参加してくれて、ミニゲーム等に汗を流していました。

 監督はヒダマにマンツーマンで投球のコツなどを教えていました。
 今日の上江別小学校は参議院選挙の会場でしたが、体育館は選挙では使わないので練習は普段通りです。 今日も体験会ということで3人の子が参加してくれました。体験会に参加してくれた子たちはみんなドッジボールを楽しんでくれていたようです。 このまま入団してくれるといいですね。
 体験会に合わせてスピードガンでの球速測定を行いました。 結果は「大会予定・結果」のコーナーにありますが、リュウトが70kmの大台を超えるスピードを記録したほか、 アツト、リュウノスケ、ショウタロウ、アオイがそれぞれ新記録を出しています。その調子で記録を伸ばしましょう。


◆全日本ドッジボール選手権北海道大会◆  2019年7月15日(祝)

 真新しい会場(外回りはまだ工事をしていました)でみんな少し緊張気味かな?

 今年初めて顔を合わせるチームもありましたがいきなり強くて負け試合もありました。

 ダイヤモンズと同じ8人で登録しているソニックさんとの試合は4対4のV(ビクトリー)ポイントゲーム(以前はサドンデスと呼んでいました)に突入!。

 1回目のジャンプボールでは負けていましたが2回目は勝ちました。そしてそのままVポイントのアタックにつながります。
 今日の北海道大会は今年完成したばかりのピカピカの体育館「北ガスアリーナ」で行われました。 ダイヤモンズは人数が8人しかいない(ヒダマは登録に間に合わなかったため)のでD2クラスの「高学年部門エンジョイの部」での参加です。 人数がへってきているのはダイヤモンズだけの問題ではなく、他のチームでもD1で参加していたのがD2に変わって出場するケースがみられました。 結果D1が7チーム、D2が9チームという逆転現象が起こってしまい、 大会役員の挨拶でも友達をドッジボールにさそってくださいね、というお言葉がありました。
 しかしD2の中味はというと「エンジョイの部」という雰囲気ではない試合が多かったと思います。 8人制だというだけで技術的にはD1と変わらない訳で、 12人に比べて8人制のドッジは池田監督が言っていたとおり一瞬の油断が命取りになるくらいシビアな試合の連続でした。 試合数は6試合でしたがみんな今日は精神的に疲れたんじゃないかな?上の写真はVポイントを取りにいくところで終わっていますが、 じつはこのあと内野を1人にされてしまう試合がありました。監督は「最後の1人にされてしまうのが今のお前達の実力だ」と言っていましたね。 これから練習の質をもっともっと高めていかなければ同じことになる、ということです。 次回の練習からは何か1つでも変わったと思えるよう練習の仕方を考えてくださいね。
 今年も夏の北海道大会を開催していただいた北海道ドッジボール協会の皆様、ありがとうございました。 そしてD1の全国予選の部を勝ち抜いて全国大会に出場するSHINANO DBCの皆さん、おめでとうございます!頑張ってきてくださいね!


◆日曜練習◆  2019年7月7日(日)

 体験会から入団してくれた待望の5年生ヒダマくんです。 ブランコさばきを見ると運動神経もよさそうですね。(乗ったまま半回転ひねりしてます)

 先週は1週間ずっと雨まじりの天気が続きましたが、きょうはご覧のお天気。ランニングにはきつかったかも?
 このところ雨まじりの曇り空ばかりでしたが、今日は久しぶりのいい天気でした。 私は練習前とはじめのランニングの時にいったのですが、6月の体験会で入団してくれたヒダマくんに会うことができました。 5年生は待っていたので感激です。ヒダマくん、よろしくお願いします。
 7月に入り、15日に開かれる全日本ドッジボール選手権北海道大会の試合予定などが 北海道ドッジボール協会のホームページで発表になっています。 気をつけておきたいところはダイヤモンズのいる小学生高学年部門エンジョイの部ではBブロック、 Cブロックとも最下位のチームは決勝トーナメントには出場できないというところ。 予選リーグの対戦相手には今年初めて試合をする相手もいるので気を抜いてはいけません。 また会場は今年の4月に完成したばかりの北ガスアリーナ。なれない会場なのでとにかく1試合ずつきちんと戦ってくださいね。



Copyright 2019 Super Diamonds image